まずは会社の資産状況、返済計画、資金繰等を持って商工会議所などに相談に行ってみましょう。

中小企業の融資

資金繰りの相談

中小企業の融資は今厳しい状況にあるといわれています。中小企業の経営自体がいまの世の中で厳しい状況にあるので、銀行などの金融機関も中小企業への融資を渋っているというのが現状です。

 

中小企業への融資をしやすくするために東京都では中小企業の融資のための制度を導入しています。

 

これは中小企業が金融機関から融資が受けやすくなるためのシステムなのですが、東京信用保証協会の補償があれば、中小企業であっても金融機関からの融資が受けやすくなるのです。

 

中小企業の融資に関しては各都道府県ごとに中小企業資金融資条例も施行されていますからその規則にのっとったうえで中小企業への融資は各金融機関ごとに行われることになっています。

 

なかなか不景気で中小企業への融資は難しいとされていますが、これから先のことを考えたうえで経営が困難だと判断した場合には追加融資なども受けることもできるようです。

 

ちなみに個人で融資を受ける際には、保証人が必要なのに対して、中小企業の融資の場合の保証人は不要なところが多く、中小企業で融資を受ける場合には保証人についても確認したうえで融資を受ける申し込みをするといいのではないでしょうか。

 

今は無担保で保証人不要の中小企業の融資もたくさんあります。

事業資金融資

事業融資

事業資金融資といっても融資する期間によって種類が違っています。

 

たとえば短期事業資金融資というのは、短期間で返済可能な融資のことを言うのですが、たとえばこの短期事業資金融資はどのようなケースに利用するのでしょうか。

 

短期事業資金融資は、9に売上が上がったために業務内容を拡大したい場合に短期間だけ資金が必要だという場合に短期事業資金融資を受けることもあります。

 

ボーナスの時期に賞与資金として一時的に短期事業資金融資を利用するとき企業もあります。

 

事業資金には他にも長期事業資金融資もあり、こちらは長期的な事業に関わる資金を融資してもらうということなのですが、短期事業資金融資も長期事業資金融資も、どちらの場合にも申し込みをしてから審査があります。

 

審査の結果融資可能となった場合に事業資金融資を受けられることになっています。

 

事業資金融資といえば一般的には銀行などの金融機関で受けることが多いといわれていますが、他にも信販会社系列、消費者金融系列の事業資金融資なども今は、ありビジネスローンや事業ローンという商品名で融資を受けることが可能です。

 

銀行系の事業資金融資は比較的審査が厳しいことでも知られていますが、そのほかの金融機関の場合には審査が通りやすいですが、銀行に比べると金利が高いのがネックになっています。

 

 

注目のキーワード:ダイエットの仕方

 


人気のお役立ち情報


開業資金融資 つなぎ融資 個人向け融資 即日融資 銀行の融資